新郎新婦様へ
新郎新婦様へ
ここは”西の比叡山”と呼ばれています。千年の昔、切り立った崖の上の木に如意輪観音像を彫り、お堂を建てたのが寺の始まりだと言われています。姫路市の北西にある霊峰「書写山」。その山上に伽藍を構えるのがここ別格本山圓教寺です。書写山は山岳信仰の聖地、修験者の道場でした。僧侶たちは山の厳しい環境で修行する事により迷いや欲を断ち切り山の霊力を身につけて人々を救う事ができると考えました。10万坪を超える広い境内と山上の壮麗な伽藍には、この山で衆生救済に力を注いできた多くの修行僧のひたむきな想いが込められています。
そしてその想いは今も変わらず現在の住職、僧侶に引き継がれ、今の圓教寺があります。圓教寺の結婚式があたたかい心に包まれているように感じていただけるのは、性空上人から続くそんな長い歴史の想いなのではないかと思っています。

 


 

~ 圓教寺の結婚式のご案内 ~
~ 圓教寺の結婚式のご案内 ~
摩尼殿での仏前式
摩尼殿での仏前式
通常の参拝では入ることができない摩尼殿内陣にて仏前結婚式を執り行います。ご本尊である六臂如意輪観世音菩薩坐像を開扉し、荘厳で格式の高い結婚式をご体感いただけます。京都清水寺と同じ懸造りの舞台の上を行列で入場するシーンは観光客からも祝福の声があがります。
導師による仏前式

 

50名まで可能な魔尼殿内陣

 

魔尼殿舞台を進んで入堂

 

 


 

壽量院でのお食事会
壽量院でのお食事会
精進本膳料理という最高級のもてなし料理。五の膳が並び、器は朱色が鮮やかな書写塗、肉や魚をいっさい使わない手の込んだ料理を堪能いただけます。国指定重要文化財である豪華な塔頭「壽量院」にて、ミシュラン一つ星をいただく精進料理です。またアットホームなお食事会はここにしかない魅力に溢れています。
国指定重要文化財の塔頭「壽量院」

 

婚礼用特別膳でおもてなし

 

ゲストと距離の近いお食事会

 

 


 

壮大な伽藍で写真撮影
壮大な伽藍で写真撮影
結婚式当日、また前撮りで歴史ある伽藍にて撮影する事ができます。特に映画ロケ地として有名な三之堂での撮影は人気です。ハリウッド映画「ラストサムライ」、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、最近では「3月のライオン」「関ケ原」「本能寺ホテル」のロケ地として使用されました。結婚式当日にこれだけのロケーション撮影ができる式場は珍しいと思います。
国指定重要文化財「常行堂」の舞台にて

 

三之堂白洲にて

 

湯屋橋にて

 

 


 

プランナーからお2人へ
プランナーからお2人へ
圓教寺は婚礼ビジネスに特化した専門式場ではありません。

西国巡礼の札所としての観音信仰の名所であり、また海外からの参拝者も多い姫路屈指の観光の名所でもあります。結婚式はそんな圓教寺の風情をそのままに執り行います。

摩尼殿での儀式、壽量院での食事、そして送迎からアテンド・進行をトータルでサポートするプランナーの三位一体で新郎新婦様とゲストの方々をおもてなししています。

敷居が高そう、山の上で過酷そう、不便そう・・・等々、
様々な不安点があると思います。

ただ、ひとたび書写山にあがっていただければ、心は自然に落ち着き、禅定の境地に入り、贅沢でゆったりとした時間を持っていただけるでしょう。

心が豊かになる結婚式・・・
私たちはそんな結婚式を目指しています。

ここにしかない結婚式があります。
ぜひとも心からの感動をご体感下さいませ。
ブライダルサロン代表 中道 諒