プランナーという仕事は、
なかなか焦点を捉えがたいものだ。

毎回毎回同じものをやりながら、
毎回毎回全く違うものをやっているのだから。

新郎様、新婦様、お父様、お母様、お姉様、伯父様、叔母様・・・・
それぞれにそれぞれの結婚式への想いがあって。

僕はダメな人間でダメな人生を送ってきた。
人さまに自慢できるようなことなんてほとんど無い。

でもだからこそプランナーができるのかもしれないと、
近ごろ思うようになった。

「こうでなきゃいけない!」という
優等生的な感覚は僕には備わっていないのだから。

だからお客様と一緒に一生懸命考える。
それでもうまくいく保証なんてどこにもない。

結婚式に正解は無い。
でも僕たちは、正解がないところにお客様を案内しなきゃいけない。

それがプランナーという仕事。

ただひとつ言えることは、
結婚式はお2人にもご家族にとってもスタートだということ。

だからその先の未来に
この仕事の焦点を捉える事が正しいのかもしれない。